うつ病というのは目に見えない病気であり、時には身体症状として現れ、うつ病であるということを隠してしまいます。隠れたうつ病とはどのようなものかお話しします。

「仮面うつ病」という言葉をご存知でしょうか。
仮面、と聞くと仮病のように感じる人もいるかもしれませんが、仮面うつ病は決して仮病ではありません。
寧ろ、日本人を含めアジア圏に多いうつ病の形といえます。

うつ病と仮面うつ病

仮面うつ病という言葉は馴染みのある言葉ではありませんし、知っている方の方が少ないかもしれません。
うつ病の症状といえば、無気力、異常な疲労感、集中力低下といったもので、目に見えない精神面での症状が一般的な認識でしょう。

一般的に認識されているうつ病(以下、一般的なうつ病)でみられる身体症状といえば、食欲不振や不眠といったものでしょうか。
うつ病をはじめとした精神疾患はその症状が視覚的に分かり難く、単なる甘えや怠けとして誤解されてしまい心身を患っている、ということを周囲が理解してくれるのは容易ではありません。
また周囲だけではなく、うつ病になった本人すら自分は甘えているだけなのでは、と疑心暗鬼になったりして、より症状を悪化させてしまうケースがあります。

仮面うつ病の症状は一般的なうつ病とは異なり、食欲不振をはじめ、頭痛や腰痛といった身体症状として現れることが多いです。
身体症状として現れる仮面うつ病は誰から見ても体調が悪く、大よその人が心配して声をかけてくれるか、あまりに酷いようなら病院を進めてくれる人もいるかもしれません。

だからといって、根本的な原因、つまりうつ病を理解してくれているわけではないのです。

身体症状として現れるからこそ理解されにくい

調子が悪いと自覚している、周囲も調子が良くないと分かってくれてはいますが、それは決してうつ病の話ではなく、あくまでも身体的な、頭痛や腰痛といった症状に対してです。
一般的なうつ病も仮面うつ病も、どちらも周囲からの理解を得られ難いという点に変わりはありません。
どちらかといえば、一般的なうつ病よりも仮面うつ病の方が周囲から誤解されたままになるかもしれません。
何故なら本人も周囲の人もうつ病が原因で頭痛や腰痛といった症状が発症しているとは思っていないからです。

調子が悪いならと病院を勧められるかもしれませんし、自ら赴くかもしれませんが、その時受診するのは精神科ではなく内科でしょう。
内科で処方箋を貰ってもそれでは根本的な解決にはなりません。
寧ろ身体的症状が治らず、どうしてという不安な気持ちや、周囲に迷惑をかけているという気持ちが強くなり、余計にうつ病を悪化させてしまう可能性が考えられます。

身体的な症状が現れている分うつ病であることに気が付き難いですが、確実にうつ病は進行していきます。
なかなか治らなければ当然別の原因を考えると思いますが、その時に「うつ病の可能性がある」という選択肢があると、うつ病の早期治療に繋げることができます。
うつ病の可能性を少しでも感じたら、一度受診をしてみるといいかもしれません。
最新の検査や治療法を行っているこちらがおすすめです。
うつ病でお悩みの方 | 磁気刺激によるうつ病治療なら新宿ストレスクリニック

うつ病じゃないと思っている方も、こちらのサイトを見て症状に少しでも心当たりがあれば受診してみてください。
もしうつ病なら早期治療ができますし、違うのであれば安心を得ることができます。
それに、誰かに話を聞いて貰うだけでも少し心が軽くなるのではないでしょうか?

TOP

無自覚なうつ病

日本を含めたアジア圏は、欧米圏よりもうつ病患者が少ないと言われています。 うつ病患者の割合は日本だと大体10%、諸外国では20~30%となっており、日本での患者数は諸外国の半分程度という事になります。 昨今うつ病などの精 …

診断が難しい仮面うつ病

精神的な疾患は目に見えない分、とても判断が難しいものです。 うつ病自体、うつ病だと診断するのは難しいのですが、仮面うつ病になるとその難しさは格段に上がります。 判断の難しさ 仮面うつ病の人は、まず自分がうつ病であるという …

なぜ”仮面”うつ病というのか

仮面うつ病は軽症うつ病とほぼ同定義とされています。 軽症うつ病と同定義なのに、何故わざわざ「仮面うつ病」という名前が付いているのでしょうか。 まるで仮面をつけているようだから 仮面うつ病はまず身体症状が現れます。身体症状 …

PAGETOP
Copyright © 隠れたうつ病をあばけ! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.